FUCK OFF SPEAKEASY♪

ショボイ野郎がお届けする『負け犬の遠吠え』♪でございます・・・


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2006.03.14 Tuesday

懐かしい

劇場版ビーバス&バットヘッドDO AMERICA
劇場版ビーバス&バットヘッドDO AMERICA


突然思い出しました・・・

昔このキャラクターのTシャツを土産に貰ったことがあったなぁ〜




とにかく懐かしいなぁ〜〜

今日も飛び切りカつくことがあって、精神不安定な状況ゆえ

このへんで失礼します・・・




今日もやたらと冷えたなぁ・・・

特に帰り道は・・・悲惨やったなぁ・・・

明日はいい事ありますように・・・



アーメン・・・

アーメンは、「まことに、ほんとうに」という意味のヘブライ語「amen」。
「まことに、かくあれかし」の意味として用いられ、「主よ、この私の罪をお許しください。アーメン(まことにそうでありますように)」となる。
キリスト教が世界中に布教された時、アーメンという言葉は、各国の言葉に翻訳せず、そのまま使われることになった。
日本で最初にアーメンが使用された例として、室町末期に来日したキリシタン宣教師による著「どちりいなきりしたん」(1591年刊)に、「我らを凶悪よりのがしたまへ。あめん」がある。
〜Webより〜

2006.03.03 Friday

ファイナル・デスティネーション

B級でっせ〜〜〜


ファイナル・デスティネーション 特別版
ファイナル・デスティネーション 特別版

おっと!またGyaoでエエのんやってるやん!!

これはエゲツナイけど、オモロカッタな♪

まぁ、お時間に余裕がある方は観てチョンマゲ!

最後までドキドキハラハラシュビドゥバダやで〜冷や汗


↓続編にあたるコレはエグサが更にパワーアップしとるしな!

デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2
デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2


まぁ、エグイで〜〜怖いで〜唖然

※ただついつい、DVDの感覚で早送りしようとしてまうんよねぇ〜

 そんな時はストレス感じるけどね・・・

2006.02.28 Tuesday

またしてもGyaoやん♪

ヴィン・ディーゼル主演の「ブルドッグ」観れるやん!

まぁまぁやったけど、お時間のある方はどうぞどうぞ^^;


元MR.BIGの凄腕ギタリスト、ポール・ギルバート

しかし、"モヤシ"みたいな兄ちゃんやな・・・

貧弱やのぅ〜〜ポロリ


私はむしろ、レーサーX時代のアルバムで知ったな・・・

これはイチローが喜びそうやな♪ もう知ってるかな??

ちょいと覗いてみたけどエゲツナイ弾き方しよんなぁ〜〜♪





2006.02.24 Friday

Into the Blue

イントゥ・ザ・ブルー
イントゥ・ザ・ブルー

オモロソウヤん♪ イチローが飛行機の中で観たんやて・・・

ジェシカちゃんは勿論やが、ポール・ウォーカーがまたエエやん!
彼はそれこそ↓にも出てはるがな!!


ワイルド・スピード
ワイルド・スピード




しかしハイカラな生活送っとんなぁ〜〜相変わらず・・・

飛行機ん中やて・・・



2006.02.20 Monday

ダンサー

ダンサー
ダンサー

凄い!! コレは凄い!! 

「ダンス・レボリューション」がきっかけで知った映画。

これも同様に気にはなってたんやが、思い切って借りてみた♪

始まって3分でこの記事書いてるから、最後まで見なワカランけど・・・

少なくともロケット・スタート!!タマンねぇッスラブ

観終えたら続き書きます・・・21:59


終わりました・・・23:55

まぁ、終わりがアッケなかったな・・・



Amazonレビューがズバリ言うてはるでガンス・・・

口のきけないインディア(ミア・フライア)は、週末ごとにクラブに通ってはDJの挑戦を受けてフロアで踊っては喝采を受けるダンサーである。そんな彼女の夢はブロードウェイの舞台にたつことだったが、そのオーディションの場で、ハンデゆえに彼女は落選。しかし、そのとき若い科学者が彼女の前に現れ…。
リュック・ベッソンの原案・脚本をもとに、彼の助監督を務めていたフレッド・ギャルソンが監督したダンス映画。秘密兵器感覚で音声装置を用いる後半はベッソンならではのサイバーな感覚だが、そのためにせっかくのヒロインのダンスの美しさなどが際立って素晴らしい前半部とは異なる印象を抱いてしまうのも確かである。


オッシャル通りでした・・・

更にこう言うてはる人もおる・・・

リュック・ベッソンがミア・フライアのために書いたダンスによる究極の自己表現がテーマ。本作におけるミア・フライアのダンスは文句なしのCool!劇中、アイザックが彼女のダンスを称して"Amaizin'!"と溜息を漏らすにふさわしく見るものを圧倒する。ストーリーはストレートで1時間34分と小粒な作品ながらも感動的なフレッド・ギャルソン監督劇場長篇デヴュ−作。

こんな意見も・・・

ミア・フライアという驚異のダンス・マシーンを得て、感性あふれるダンス映画が完成した。まるでレースカーのような、流線形の肢体が躍動する!


ですから前半の前半(?)は間違いなく、「どうなってくの?」「何故今までノーマークやったの?」

と思うくらい迫力あっんやが・・・あぁ〜ビックリした・・・


・・・っとココまで言うてその前半の凄さを知ってもらう為に画像を探したが、落ちてなかった・・・

そこで例によってデジカメで映像を接写・・・(夜中に部屋暗くしてデジカメ撮影する姿を思い浮かべて下さい・・・)

だいたい何故迫力あるか?? 

この髪型やな・・・豪快なドレッド・ヘアー・・・(プレデターもビックリ)




このシーンからいきなり始まり・・・



地下の食堂での練習に・・・




ストリートで踊ってヒーローになったり・・・

それはそれは見事なモンでした♪・・・が・・・ですわ・・・

最後はハァ〜〜っ????でした・・・チャンチャン・・・


落ちてた・・・





※ 何故ライオン丸か?
  それはドレッドヘアーで思いついたのがコレだったからでガンス・・・
  せっかく思い出してWebで拾たから・・・

2006.02.18 Saturday

シャーリーズ・セロン

イーオン・フラックス(2005)が話題のシャーリーズ・セロン。



彼女は以前から注目していた。

例えば「コール(2002)」

コール
コール

ココでは誘拐された母親役を見事に演じている。


「ミニミニ大作戦(2003)」では・・・忘れた・・・が、内容は抜群やった♪


モンスター プレミアム・エディション
モンスター プレミアム・エディション

コレは最高傑作! この作品の為に14kg体重を増やすというデニーロ顔負けの離れ業をやってのけた!

鑑賞中は最後までセロンって気づかないほど、気合い入ってた・・・いや、それは大袈裟やな・・・

また実在する死刑囚の話やから余計に入り込んでたな・・・役に・・・ クソ野郎め!(motherfucker!)

ホンマ見事やった・・・オスカー獲りはったからな♪


最新作ではガラッと変わってドエラいヒロインみたい・・・

いやぁ〜役者って本当にイイもんですね・・・


2006.02.18 Saturday

ダニー・ザ・ドッグ

ダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション (初回限定生産)
ダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション (初回限定生産)

今までの中で最高の出来かも・・・




もうジェット・リーは42歳らしいで・・・凄いな・・・驚異的やで・・・

またモーガン・フリーマンがエエな♪ 渋すぎるっ!

彼が出るだけで作品が引き締まる! タマンねぇッス!

キス・オブ・ザ・ドラゴン
キス・オブ・ザ・ドラゴン

コレとエエ勝負かな??



だいたいリュック・ベッソンとの相性がエエみたいやな♪ 2本ともそうらしいな・・・

それとルイ・レテリエ監督も好きやな・・・

前回の「トランスポーター」も抜群やったしな・・・

トランスポーター
トランスポーター

ダニー・ザ・ドッグのDVDにトランスポーター2のCMがやってたな♪



コチラは続編ちゅうてもオモロそうやな拍手立て続けに3もあるでよというメッセージもアルが・・・

まぁ、いずれにしても・・・

映画って本当にイイもんですね☆☆☆



2006.02.15 Wednesday

電話で抱きしめて

電話で抱きしめて コレクターズ・エディション
電話で抱きしめて コレクターズ・エディション

ダイアン・キートン監督作品・・・本人も出演してはる。

これはダイアン・キートンが出てるから観たんやが、圧倒的にメグ・ライアンの映画やった。

監督の魅力は勿論良かったんやが、メグ・ライアンがキュートやった。

これまで世間が騒ぐほどの女やないと思っていたが、見直したね♪

話はレビューを参考にしてチョ・・・

アル中でボケまくったお父さんが、エエ味出してたな・・・

彼と3人の娘のドタバタ喜劇(?)やな・・・モヒトツやね・・・


もともと「恋愛適齢期」でダイアン・キートンの魅力にとりつかれたからやねんな・・・

僕は知る人ぞ知る、と言うかささやんは良く知ってるが・・・何を隠そう"熟女マニア"でガンス・・・

タマンねぇッス・・・

2006.02.11 Saturday

恋愛適齢期

恋愛適齢期
恋愛適齢期

これはオモロかったでガンス!

またサウンドトラックが最高やったね♪


JAZZありBOSSAありシャンソンありぃので、洒落まくっとったがな・・・

内容もコミカルでセンスも抜群! 途中でどうなるんか心配になったが

ラストはお約束のハッピーエンド拍手


若い女が大好きな60過ぎの富豪ハリーは、恋人マリンの別荘で倒れ、母親エリカに介抱される。彼女は劇作家として成功をおさめ、この別荘で新作を執筆中。離婚後、気ままな生活を送ってきたエリカは、傍若無人な振る舞いをするハリーに少々困り気味だったが、次第に気があうようになる。そんなとき、彼女はハリーが通う病院で知り合った、20歳年下の医師ジュリアンにひとめぼれされる。
さすが名優ジャック・ニコルソンとダイアン・キートン。熟年の恋を軽妙なユーモアで見せていく。60歳過ぎていても、若い子と変わらないときめきとパッションを感じさせる恋愛模様は、女も男も、気持ち次第で一生現役でいられると思わせてくれるのがウレシイ。エリカが若い医師に惚れられるのはいきすぎ?と思わなくもないが、スマートにかわすキートンを見ていると、それも納得と思わせる。熟年女性の知性とユーモアと色気をあますところなく魅せたキートンは圧巻だ。若い医師を演じる『マトリックス』のキアヌ・リーブスもひさびさにさわやかな魅力を振りまき好感度大。監督は『プライベート・ベンジャミン』のナンシー・メイヤーズ。
Amazonレビューより


また役者が素晴らしい☆

ジャック・ニコルソンは勿論やが、ダイアン・キートンが秀逸やね・・・

「ゴットファーザー」以来やな・・・エエ歳のとりかたしてはるわ♪

二人の演技には夜中やのに声出して笑ったもんな・・・いやぁ〜面白い拍手


またDVDならではの特典映像が値打ちおますわ!

監督は女性やねんて・・・とか、裏側がワカッテ楽しい♪



ジャックと言えば「恋愛小説家」を随分前に観て、オモロかったからな。

やっぱエエ俳優やな・・・しみじみ思たな・・・

円熟味がにじみ出とるがな・・・

恋愛小説家
恋愛小説家


2006.02.08 Wednesday

ニューヒーローは誰〜だ??

ブルース・リー(輸入) 2006年度 カレンダー
ブルース・リー(輸入) 2006年度 カレンダー

ブルース・リーに始まって、ジャッキー、スタローン、シュワちゃん等歴代のヒーローが老いていく中、

新しいヒーローの登場はどうなっていくのか??

先程のヴィン・ディーゼルも期待ハズレやし・・・

更に過去のジェット・リーも作品に恵まれてないし・・・


そこでジェイソン・ステイサムはどうか??

トランスポーター
トランスポーター

コレはアッパレやった拍手 傑作ラブ

COOLに徹する運転手(運び屋)がある事をきっかけに、難民問題に巻き込まれていくシンプルな話やが

抜群のアクションシーンを披露しているでガンス♪ タマンねぇッス☆

リュック・ベッソンが製作してるっちゅうんもあってエエ出来やね拍手

(それこそ続編も公開された?らしい・・・)

セルラー
セルラー

ココにも悪徳警官役で登場するが、アクションは封印気味やね・・・

それより、この映画は抜群にオモロイ!!

冒頭から最後までハラハラドキドキの連続でガンスな・・・

キム・ベイシンガー 最高ラブラブ


ミニミニ大作戦
ミニミニ大作戦

コレにも出てるがどんな役やったか覚えてない悲しい

でも映画としてはコチラも痛快やったな♪


まぁ、ヒーローっちゅうんは難しいかなぁ〜???????



▲top