FUCK OFF SPEAKEASY♪

ショボイ野郎がお届けする『負け犬の遠吠え』♪でございます・・・


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.06.04 Monday

うぉぉぉぉぉぉぉぉ〜〜>゜)))彡>゜)))彡>゜)))彡>゜)))彡>゜)))彡



この豪華メンバーや・・・

2007.04.23 Monday

久し振りのYouTube♪

恐るべし映像やな・・・

Max Roach Life and Work - Rare Video





2007.02.28 Wednesday

ナイスな??



Duke's Place
I Let A Song Go Out Of My Heart
Don't Get Around Much Anymore
Prelude To A Kiss
Love You Madly
I Got It Bad
Brown Skin Gal In The Calico Gown
Mood Indigo
What I Am Here For
In A Sentimental Mood
Squeeze Me
Sophisticated Lady
Take The A Train
Solitude
Come Sunday
Caravan
The Creole Love Call
It Don't Mean A Thing

2007.02.26 Monday

Fred Jackson

Hootin''n Tootin'
Hootin' 'n Tootin'
Fred Jackson

Dippin' In The Bag
Southern Exposure
Preach Brother
Hootin' N' Tootin'
Easin' On Down
That's Where It's At
Way Down Home

Fred Jackson (ts)
Earl Vandyke (org)
Willie Jones (g)
Wilbert Hogan (ds)


久しぶりのCD紹介やねんな〜コレが・・・

テナー、ギター、オルガン、太鼓という
渋い編成でやってくれたよぉ〜〜

哀愁漂う彼の秀逸な1枚サ♪



2006.12.14 Thursday

Barry Harris

Luminescence!
Luminescence!
Barry Harris

久し振りのCD紹介♪

最近ゆっくり聴く時間もないからなぁ・・・
奥から引きずりだしたのがコレ!!

SLIDE HAMPTON (tb)
JUNIOR COOK (ts)
PEPPER ADAMS (bs)
BARRY HARRIS (p)
BOB CRANSHAW (b)
LENNY McBROWNE (ds)

LUMINESCENCE
LIKE THIS!
NICARAGUA
DANCE OF THE INFIDELS
WEBB CITY
MY IDEAL
EVEN STEVEN


ムチャ、エエやん♪

間違いなく昔聴いた頃の数倍は良いっ!!


ベースがゴリゴリやん(@_@;)
こんな骨太やった??

賑やかな編成で、早い曲はもう・・・

タマンねぇッス!!



今日は宿題ようけあるし・・・


じゃぁ!!

(* ̄ー ̄)σσ 死刑!






2006.12.11 Monday

今日の・・・

この人も必須でしょ・・・

エエのんが無いなぁ・・・

David Murray・・・


じゃぁ!

2006.12.06 Wednesday

謎が解けたがな(+_+)

すっかり夢中の「You Tube」・・・
なんでストレスが溜まるかが判明した・・・

"今更ジロー"だが回線速度に問題アリやな(>_<)

やっぱFUCK'N『ADSL』ではイカンな・・・

社内の人は『光』でサクサクや言うてはるもんな・・・

それにしても凄いな・・・


羨ましいのはhiroingさんが"生"でご覧になったらしいんよねぇ〜拍手

20年以上前に来日したときのことを思い出します。
実は小生、ナマ・ピューレ、ナマ・アダムス、ナマ・リッチモンドを見てるんです!聴いてるんです!!
それは物凄い迫力でした。
その時の事を思い出しました。


流石である。渋いっ。羨ましい限りである。

思わず【再登場】して頂きました(←例によって無許可)たらーっ







ここんとこ毎日観ずには寝れやんもんね・・・いや、ホンマ・・・

2006.12.03 Sunday

これがDon Pullenだ!!

巷で話題の「You Tube」・・

それはとっても、ひょんな事から凄い映像を発見!!

マイナーな音楽やったんやが、「こんなんも観れるんやなぁ〜!」って感心した次の瞬間・・・

どうしても観たいアーティストを祈る思いで検索・・・







やっぱありましたーっ!!


Don Pullen


珍しく唄入りであの「Song From The Old Country 」を演奏してるではあ〜りませんか!!

圧巻は何と言ってもDon Pullenの"拳転がし奏法"♪



Charles Mingus, live, Umbria Jazz Festival, Italy, 1974.

コッチの方がエゲツナイなぁ〜〜♪

タマンねぇッ〜〜ス!!



まぁ、お暇な時にでも・・・いや、これは必見かな!!


2006.11.21 Tuesday

【再掲載】Bjork♪

T治先生が突然思い出した作品♪

ココで最新版でUP!!


タマンねぇッ〜〜ス!!


Gling-Glo
Gling-Glo

Bjork


これは素晴らしいアルバム♪

またジャケットがエエがな〜〜

HPにもあるが全曲アイスランド語で唄ってまんねん♪

この聴きなれない言語が妙にハマりまくり・・・

唯一のJAZZアルバムらしい。

SWING感なんて度返しの世界・・・

バックもシンプルなトリオで訳ワカラン向こうのアーティストやけど技術は抜群(?)

ご機嫌で極上のJAZZになっている!!

この奇妙なサウンドに当時の客人もマニアックな反応を示した記憶がある。

いわゆる"初心者"にもトッツキ易いんかな♪


だいたいこのBjorkっちゅう人は本来JAZZの人では無いからっちゅうて

聴かせてもうたんがコレ↓

ポスト
ポスト
ビョーク

コレがまたエエんよ♪ この人は独特の魅力があるな・・・

更に・・・主演の映画がコチラ・・・↓

ダンサー・イン・ザ・ダーク
ダンサー・イン・ザ・ダーク

コレも昔観たけど・・・(世間の評価は高かったみたいやけど)

オラにはどうも理解できひんかった・・・冷や汗

訳ワッカラン??

早送りで観たから余計か?ショック



まぁ、アーティストとしての評価はかなり高いらしいな♪

良くも悪くも一回聴いたら忘れない声が魅力やな。

非常にワカリヤスイ・・・拍手


2006.10.09 Monday

Bennie Green Quintet



1. African Dream
2. Sweet Sucker
3. Glidin' Along
4. Green's Scene
5. Milkshake
6. Stardust
7. Expubidence

Bennie Green (trombone)
Johnny Griffin (tenor saxophone)
Junior Mance (piano)
Paul Chambers
Larry Gales (bass)
Ben Riley (drums)


たまにはCDを♪
まだまだ整理できてないんやな・・・コレが・・・

こいつは平和な感じかな♪
まぁ、たまにはエエがな・・・

▲top