FUCK OFF SPEAKEASY♪

ショボイ野郎がお届けする『負け犬の遠吠え』♪でございます・・・


<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< レッド・バズーカー | TOP | G,B,H >>

2006.01.19 Thursday

話の流れ

こんばんは。ボヘミアン寅です。

今夜は何故レッド・バズーカーを紹介したかについてご説明もうしあげます。

それは昨年の学校時代の話・・・おっと、年が明けたから一昨年か?
まぁ細かい話は抜きにして・・・

課題でTシャツ製作の時間があったんやけど、髑髏好きの"百姓"で"パンク"な僕は

お決まりの"MOTHERFUCKER"をあしらった写真のような作品しか出来ませんでした・・・



そんな作品をご覧になったH野氏は奇特なお方で・・・拍手

「うわぁ〜コレ、マスターのオリジナルですか?」

「私にも同じの作って貰えませんか?」
てれちゃう

と、言うてくれはって・・・調子にのって作ったのがの作品。

さすがに素人さんやから"MOTHERFUCKER"はアカンやろ?という事で

急遽"SPEAKEASY"に変更・・・

更にわざわざそのシャツを着て、社内のマラソン大会に出場された時の

写真から切り抜いた絵です・・・







そのH野氏からのメールにこう書かれてありました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
髑髏ネタなんですが、マスターの髑髏好きに感化されたのか、
ずっと買おうかどうしようか迷っていた髑髏Tシャツがありまして、結局
着るのにちょっと根性要りそうなので、やめちゃったんですが、これって
鳥居と髑髏を組み合わせた最強のスカルデザインかな、と思ってます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんな嬉しいメールを貰って返信の際に紹介したのが

レッド・・・なんです。

タマンねぇッスラブ


※こんな記事を無断で掲載してしまいました。
 ご本人からのクレームがございましたら速やかに削除致します。

※ちなみに昨年のSonny RollinsのLIVEはこの方と行かせて頂きました。


※写真で登場する娘は本文とは全く関係ございません。気持ちエエくらい。


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top