FUCK OFF SPEAKEASY♪

ショボイ野郎がお届けする『負け犬の遠吠え』♪でございます・・・


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 刺激になるわぁ〜 | TOP | これはRoland Kirkやろ? >>

2005.11.24 Thursday

George Braith:??

Blue Note Radioより
The Complete Blue Note Sessions
The Complete Blue Note Sessions
George Braith



1963)米NYブロンクス出身のJAZZサックス奏者 GEORGE BRAITH。

ROLAND KIRKと同じサックス2本の同時演奏を得意とするBRAITHはBLUENOTE

史上でも最も特異なJAZZプレイヤーだと言える
。(Webから引用)

1. Mary Ann
2. Home Street
3. Poinciana
4. Mary Had A Little Lamb
5. Braith-A-Way
6. The Man I Love
7. Outside Around The Corner
8. Soul Stream

George Braith; soprano, alto, tenor sax, & stritch
Grant Green, guitar
Billy Gardner, organ
Donald Bailey, Hugh Walker & Clarence Johnston, drums

大好きな"変態&天才"Roland Kirkみたいな事やりはるんやびっくり


 

そんな人おったんやと思ぅて夢中で検索・・・

衝撃写真を入手(?)・・・右なんかただの"変態"オヤジやんびっくり

深いなぁ〜〜〜


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://sodom.speakeasydesu.com/trackback/328161

トラックバック

▲top